たまりば

  日記/一般 日記/一般  立川市 立川市

写真のお仕事に関することを中心に、日々感じたことをゆるりゆるりと書き連ねてみようと思います

2015年04月20日

機材の修理にお金がかかる…

新年度に入って、もうすぐ一ヶ月。やっと落ち着いてきた感じがする。
年度のはじめは式典続きで、入園式・入学式とスーツの出番。このスーツが動きにくいし汚れは目立つし、ホント撮影向きじゃない服なんだよね…。
まあスーツの話しはいいとして、とりあえず式典が終わるとほっと一息。4月はそんなに忙しくない。

さて時間ができたところで、機材のオーバーホールだとか修理だとか、この時期にやらなくちゃならない。
この前、とりあえずボディ1台とレンズ1本を修理に。

ボディはシャッター回数51万回を越えたD3S。シャッター自体はまだ大丈夫そうな感じだったんだけど、グリップゴムがはがれたりストロボシューのバネ板が折れてたり、おまけにコマンドダイヤルのクリック感はなくなってるし…と、周辺がひどいことに…。
それでもだましだまし使ってたけど、ついにバックごと車から転がり落ちるというトラブルに遭い、入院。
・ゴム全交換。
・シャッターユニット交換。
・ボディの前部(マウント含)交換。
・ホットシュー交換。
・メイン・サブコマンドダイヤル交換
…と、ものすごい勢いで部品を交換して帰ってきたD3は、修理代に5万チョイかかったけど、別物みたいに使いやすい。しばらくは気持ちよく使えるかな。

それともう一つ。レンズも修理に出した。SIGMAの120-300。
こっちはひどい状態で、さっきも書いた車から転がり落ちたバックに入ってたんだけど、重量もあるから完全にショックでイカれてしまったみたいで、保証書はあったけどショック品の重修理扱いになっちゃった。
こっちもマウントから内部のパーツまで交換して、5万弱。

ひゃー、合わせて10万の修理代だよ。

シグマの方は、レンズのあちこちにヘンテコな規格のネジを使っていて自分じゃ締められないから(適合するドライバーが見つからない)サービスセンターで「ドライバーの型番を教えてくれ」と伝えてあったんだけど、修理から戻ってきたレンズを見たらそのネジ、ほとんど全部交換されてた。付いてるのは普通の+−のネジ。これなら締められる。
ありがたいけど、それでいいなら最初からそうしといてくれー、と叫びたい気分だ。

さあ、10万も払ったんだから、働かないとな。
とは言っても4月は働きたくても仕事はない。
うーん、、、
…ツーリングでも行くか。  


Posted by 猫のひげ at 19:40Comments(0)機材