たまりば

  日記/一般 日記/一般  立川市 立川市

写真のお仕事に関することを中心に、日々感じたことをゆるりゆるりと書き連ねてみようと思います

スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by たまりば運営事務局 at

2018年04月21日

遠足で体力の衰えを感じる…

今日は親子遠足。
行き先は、五日市にある金比羅山という標高数468メートルという山。
雰囲気としては、五日市の裏山です。低い標高にしては景色が良くて、ツツジが綺麗。

さて、以前、僕は少し山歩きをしていた。その頃もちょくちょく金比羅山へ来ていたわけだけど、その時はもっと奥まで入っていくために通過するだけの山だった。五日市の市街から10分も歩けば登山口に到着するし、そこから1時間もかからず山頂に出る。「金比羅山へ登る」というにはイージーすぎるゴールだ。
でも今日は保育園の遠足。園児たちにはちょうどいいのかもしれない。

…なんて、軽く考えていたわけだけど、とんでもない!
山に行かなくなって数年。スクーターを購入してから歩くことも減り、運動不足な上に年齢も重ねた僕には、金比羅山がだいぶこたえるコースになってしまったのだ。
確かに撮影だと、参加者の皆さんを追い抜くように多少早く歩かなきゃならない。それにしても、歩きだしてまだ少ししかたってないようなタイミングでもう太ももにかなりのストレスがかかってた。
いやぁ、なんたる事…。体力衰えすぎだわ…。

この先まだまだ長い撮影人生を送る予定なので、少し運動しなくちゃいけないな、と本気で感じてしまった今日の遠足だったのでした。  


Posted by 猫のひげ at 22:36Comments(0)お仕事の話し

2018年04月12日

4月は修理の季節でもあります

新しい年度が始まって保育園も今までいた先生がいなくなったり新しい先生が入ってきたり。
子どもたちも、当たり前みたいにいた子がもう小学生でいなかったり。赤ちゃんクラスだった子が今年からしれっと幼児クラスにいたり。
春はなんだか不思議な気持ちになりますね。

さて、ようやく入園・入学が一段落ついたあたりで、機材の修理シーズンです。
というのも、僕はニコンのプロサービス(NPS)に入っていないので機材を修理に出す際、代替機を借りることができないんですね。だから比較的仕事の少ないこの時期が修理のタイミング。

まず第一弾として先日、70-200を修理に。これは「f2.8のときだけ1段ぐらいアンダーになる」という謎の症状で、サービスセンターで聞いてもよく分からなかったため修理に。
しばらくしてバヨネットマウント交換ということで戻ってきたけど、その後実験しても、う~ん、完治はしてない…。やっぱり2.8の時は少しアンダー目に出てる。こんなもんなのかな?
理論的には、2.8だろうが5.6だろうが11だろうがEV値が同じなら露出は同じになるはずでは!?
不思議です。時間があったらまたニコンに聞きに行ってみよう。
皆さんのはどうですか?

さて、第二弾は24-70。
これはもう全然ダメで、方ボケ発生。画面の左側が完全に流れてしまう。
この集合写真が多くなる季節に不調になるとは…喧嘩売ってんのかコノヤローって感じですが…とにかく修理。
見積り金額が8万円でちょっとビビってますが…。
こっちは出したばかりでまだ結果は未定。
ま、8万かかることはないでしょう。多分…。

カメラ本体の方はけっこう頑丈なのか最近修理に出さずに済んでいるけど、レンズは修理が多い。
しかも、最近のニコンはいろいろと値上げ傾向で、以前は無料だったはずの修理品宅配も途中から有料になり、しかもまた高くなってる。
まいっちゃうね。
不完全な機材で撮影に行くのはいやなので、不調になったらなるべくすぐに修理に出したいと思いながらも、結局時間がなかったりでまとめて修理になる。
お金がかかって仕方ないですよぉ…。ニコンさん、頑丈に作って!

  


Posted by 猫のひげ at 19:39Comments(0)お仕事の話し

2017年12月17日

分かってくれる人がいると、頑張れる

先日、お世話になっている保育園の発表会にお邪魔した時の話。

以前その保育園にいて、今は別の保育園に異動になった先生が発表を観に来ていた。
僕も当然良く知っている人だし、割と仲良くさせていただいていた先生だったから、終わった後でちょっとご挨拶。そしたら「今の保育園にも来てほしい」という話になった。今の保育園にも撮影業者が入っていていろいろなカメラマンが出入りするらしいんだけど「ずっと【猫のひげ】さんとやってたからかもしれないけど、やっぱり【猫のひげ】さんがいいんですよね。他の皆さんもダメってわけじゃないんですけど…」と言う。

これは僕にとってすごく嬉しいお言葉。
正直、カメラマンなんて写真を撮ってくれれば(そして邪魔をしなければ)誰でもいい、という園や先生も少なくない。そんな中で僕は自分なりに技術を磨いたり撮影を工夫したり機材にお金を使ったりしながら頑張ってきたけど、分かってくれる人はほとんどいない。
だからこそ、先生の一言は本当に嬉しい。
「あぁ、分かってくれてるんだな」と感じた。たぶんだけどね。

こういう人がいると、また頑張れる。
明日からもまた、頑張ろー!!  


Posted by 猫のひげ at 21:04Comments(0)お仕事の話し

2017年10月14日

嫌な天気が続きます

運動会シーズン真っ只中の10月だけど、何この天気は…!??
9月30日と10月1日、最初の土日はいい天気で幸先いいと思ったのも束の間。
メインの7日土曜は雨。時点メインの今日も雨。明日もあさってもずっと雨。21日もなんだか怪しそう。
いい加減にしてくれ~。全然運動会できないじゃないかよ。
運動会だけじゃなく、遠足も流れに流れて予定がメチャクチャ。いやはや、いくら天気に左右されるとはいえ、ここまでひどい年は今まで経験ないな。

おまけに22日は選挙。もちろん選挙は大切で僕も投票には行くけど、何も運動会シーズンにやらなくてもいいんじゃない?
22日が運動会予定の園はもちろんのこと、21日の予備日として22日を押さえていた園も学校が使えなくなって場所を探すのに大忙しだと思う。そこがいい天気になったらどうすんだよ。
まったく国民のことを分かってないよ、政治屋さんは。


しかしストレスたまるなぁ、この天気…。
僕が行く園は明日は体育館でやるみたいだけど、体育館ってのも本当は冴えない。やっぱ青空の下がいいんだよ、運動会はさ。
なんとか後半晴れてくれないかなぁ。
このまんまなんて、冗談じゃないよ…!


ただの愚痴になってしまいましたが、全ての運動会が無事に開催されることを心から願ってやみません…。

晴れろ!!  


Posted by 猫のひげ at 20:36Comments(0)お仕事の話し

2017年10月02日

10月の連続撮影予定日数がやばいことに…

毎年恒例、運動会シーズンに入ってバタバタし始めたカメラマンたち。
9月最終の土日は最高の運動会日和でスタートして出足順調かと思いきや、どうやら今週土曜は雨らしい…。
どうにか曇りで行ってもらいたいけど、どうでしょうね~。

さて、10月は運動会がメインだけど、皆さん御存知の通り運動会というのは週末だけ。たまに平日のところもあるけど、ほとんどないよね。
じゃ平日は何の撮影してんの?というと、主に遠足。もしくは運動会の予行練習。
秋は先生方も大変だ~。運動会が終わったらすぐに遠足だもん。休むヒマないよね。
カメラマンもおんなじです。
今週は休みがあるけど、その後はぶっ続けで撮影の予定(もちろん雨でどこかは休みになるだろうけど…)。
カレンダーを見てみましょう。10/5が休みで、その次の休みは…まさかの10/27!
21日連チャンということになりますよぉ~。喜んでいいのか悪いのか…。

稼げることは稼げるシーズンだけど、身体が持つのかちょっと心配なお年頃…。
でも頑張ります!  


Posted by 猫のひげ at 20:30Comments(0)お仕事の話し

2017年08月11日

音がしないカメラはストレスないなぁ~

少し前の話になってしまうけど、夏のピアノ発表会を飛び飛びで7日間撮影した。
以前にも同じような内容の記事を書いたことがあるけれど、ピアノの撮影はとにかくカメラのシャッター音が気になる。
D5なんてもってのほか。サイレントモードでも追い出されるレベルです。
僕のピアノ機材はNikonのD750をサイレントモードで、さらにカメラにカバーを被せるというパターンだった。
一応、それで文句が来たことはなかったし、クライアントの方からも「まあ許容範囲内ですよ」という話になっていた。

しかし。しかしだ。どうせピアノは毎年撮影する。今年の夏は7日間撮影したし、昨年も5日間ぐらいは撮影した。冬にもまたある。年間で見たら微々たる日数だけど、その間ずっと音に気を遣い、シャッターを切りたいタイミングをみすみす逃しながらストレスをためるのはもう我慢ならん!

ということで、今年は奮発してフジのX-T2を導入したのです。
ご存じの方も多いとは思うが、X-T2は電子シャッターを搭載していて「無音撮影」ができる。まさにピアノ撮影のためにあるような機能だ。動きの早いスナップじゃないからミラーレスカメラでも全く問題ない。
実は一昨年ぐらいにX-T1を1台導入済みで、2台並べて使うカメラの1台はすでにフジになっていた。今回、もう1台もフジを導入し、これでついに完全無音撮影の体制が整った!

実際に撮影してみると…いやぁ、今までの撮影が嘘みたい。楽だ。音を気にしなくていいのは本当に助かる。
連日撮影を続けているとホント神経が参ってくるけど、これで随分楽になった。
肝心の写りも悪くない。というか、思っていたよりずっといい。ISO3200での撮影だけど、充分満足の行く結果だ。
でもX-T1とT2はけっこう色が違う。ケルビン数を合わせているにも関わらず、だ。これはちょっと想定外だけど、フジとニコンよりはマシか。

しかし、随分投資したな…。回収までに何年かかることやら…。
フジのカメラはjpgの色もいいから、普段の撮影にもなんとか活かす方法を考えてみよう。ピアノだけじゃもったいないし、回収しきれないよ…。



向かって右がX-T2+XF100-400、左はX-T1+XF55-200の組み合わせ。
T1とT2、見た目はほとんど一緒だけど、機能はずいぶん違うよ。T2の方が断然いい。

  


Posted by 猫のひげ at 21:44Comments(0)お仕事の話し

2017年05月31日

暑い時期の撮影…対策が必要です

いやぁ、暑いですね…。
明日は雨になって少し涼しくなると予報で言ってたけど、昨日も今日も真夏のような暑さ。
そんな中、僕はずっと外で撮影しています。
遠足とか遠足とか遠足とか…。やはり春の遠足シーズン。今年もあちこち行っています。

さて、幼稚園の皆さんは「今年の遠足は○月○日」の一回かもしれないけど、我々カメラマンは「月曜遠足、火曜遠足、水曜遠足…」なんてこともしょっちゅう。暑い寒いの対策が当然必要になってきます。
特に暑い時期。ただでさえ消耗するのに連日の遠足なんてことになると、もう大変。

あ、これカメラじゃなくて体の話です。カメラは連日の真夏日で使ってもなんともありません…!

暑さ対策はカメラマンに限ったことじゃないけど、僕の場合まず帽子。これはもう絶対。ツバの柔らかいハットタイプが多いですね。カメラを構えた時に邪魔にならないし。
次に長袖。暑いけど、日焼けするとものすごく消耗するので長袖の方が楽。日焼け止めは気持ち悪くて好きじゃないので…。
Tシャツにアームカバーという組み合わせも多用します。CW-Xがお気に入り。アームカバーだと帰り道は外して半袖になれるからけっこういい。
そして、メガネ。僕は別に目が悪くはないんだけど、日差しが強い時に裸眼で長時間いると目にとても負担がかかるので、メガネをしてます。
ホントはサングラスがいいんだけど、さすがに撮影中にサングラスはできないので透明の伊達メガネ。なんでもないUVカットの伊達メガネでもある程度は目の保護にいいと思うんだけど、僕が気に入っているのは「b.u.i」というレンズを使ったもの。太陽光をいわゆる「ディフューズ効果」で和らげてくれるという優れものです。効果は人それぞれらしいけど、けっこういい。パソコンやるときにも使ってます。
最後は着替え。単純だけど、替えのTシャツを持ってって撮影の後で着替えるとサッパリする。洗濯は面倒だけど、欠かせません。
仲間内で着替えを持ってくる人はあんまりいないけど、みんな気持ち悪くないのかなぁ…。

とまあ、そんな感じで最近は体中をガードしています。
若い頃は全然気にしなかったけど、歳を重ねるごとに帰宅後の疲労感がハンパない…。40代。もうノーガードではダメです…。
これからどんどん暑くなって、しかも湿度が多くなる。
頑張って乗り切らねば…!!

他にも何かいい夏の乗り切り方を知っている人がいたら、ぜひご教授ください!!
  


Posted by 猫のひげ at 20:55Comments(0)お仕事の話し

2017年05月27日

親子遠足…運動会…お母さんたちにお願いです!

5月から6月にかけては、幼稚園・保育園では親子遠足や春の運動会のシーズン。
親子参加でお父さんはお仕事をお休みしたり、お母さんはお弁当作ったりして、忙しいながらも楽しいイベントだ。
運動会は親子競技なんかもあったりして、家族で盛り上がったりすることでしょう。

僕らカメラマンも、いいシーンをより多く残せるよう精一杯頑張ってるシーズンであります。
暑くなってきて厳しい季節とも言えるけど…。

さて、実は親子遠足や運動会で毎年気になることがあるのです。特に運動会かな。
それは「お母さん方の服装」
オシャレとかオシャレじゃないとか、そういうことじゃないですよ。
僕が言いたいのは「胸元のゆるいシャツ・ローライズのパンツを避けてほしい」ということです。

もうおわかりですね?
小学校とか中学校ではそんなに問題にならないんだけど、幼稚園・保育園だと親子遠足でも運動会でも、たいてい親子参加の内容があります。お母さんが子どもと一緒に参加する時、手をつなぐじゃないですか。前かがみになるじゃないですか。
…よろしくないんです。
目のやり場に困るし、写真にも撮れません。
胸元のゆるいシャツ、ローライズ…トラブルのもとです。罠がいっぱい。
どちらかと言うとシャツのほうが気になりますね。最近ローライズはもう流行じゃないのかな? 以前ほど気になりません。流行のことはあまり良く分からないけど…。

確かにこの時期暑いです。薄着になるのは仕方ない。僕らもTシャツで行きます。
でもお母さんたち! お願いです! Tシャツでもいい。ピシッとエリの詰まったTシャツで行きましょう。普段はちょっとゆるめが好みの方も、親子参加のイベントの時はそんな服装にしましょうよ。

ぜひお願いします!



ちなみに、女性カメラマンに対して会社からもそのような服装で行くように求められます。
前でかがんで写真を撮ってる女性カメラマンがローライズだったら…みっともないでしょ? そんなの誰も喜びません。
  


Posted by 猫のひげ at 21:41Comments(0)お仕事の話し

2017年05月07日

カメラが重たい!

ゴールデンウィークが終わる。

僕は毎年、ゴールデンウィークは仕事がない。幼稚園がお休みだから、仕事がないのはまあ当然といえば当然だ。
ということは、まるまる一週間ぐらいカメラを持たない日々が続くということ。

ゴールデンウィークが終わって、仕事が始まったその初日。
なんてカメラの重たいこと!
こんな重いの持ち歩いてたのか! って思うわけ。
普段から持ってるとそんなに感じないんだけど、やっぱりカメラが重たいことを実感する瞬間なのです。
…またそんな日々が始まります。

春は比較的ヒマな時間が多いけど、5月も中頃になってくると段々と忙しくなってくる。
そうなるともう、カメラの重さを気にする暇すらない。
「重い!」なんて言ってるのは、ヒマだからですかねぇ~。
  


Posted by 猫のひげ at 20:36Comments(0)お仕事の話し日々の出来事

2017年04月28日

ニコンもかぁ…。センサークリーニングの値上げの件

今日、修理の用事があって新宿のニコンに寄ったら受付デスクに「おまかせ定期メンテナンス」という見たことのない案内が貼ってあった。
定期メンテナンス? なんじゃそりゃ?

http://www.nikon-image.com/support/repair/maintenance/

おっと! これは実質値上げのパターン。キヤノンと同じだ!

以前、ニコンは一眼レフのセンサークリーニングを「保証内は無料」で、「保証外でも1000円ちょい」で行っていた。
それを、センサークリーニングだけの作業をなくし、点検・清掃他の作業も込みにして2500円弱取ることにしたとのこと。

その内容は…
1 センサー清掃
2 ミラーBOX・ファインダー清掃
  ※分解を伴う清掃は別途お預かりの修理となります。
3 ピント点検調整
4 AE露出精度点検
5 AF作動精度点検
6 スピードライト点検
7 液晶パネル点検
8 表示部点検
9 各端子部点検
10 レンズマウント部点検
11 シャッター点検
12 アライメント測定
13 消費電流点検
14 外観清掃
15 作動点検
16 ファームウェア点検
以上16項目だそうな。

う~ん…いらねーかな…。
正直、センサークリーニング以外の項目は自分で見れるし、わざわざお金払ってやってもらうような内容じゃない。そりゃダメになったら修理には出すけど。

このサービスがいいと思う人がいても不思議ではないけど、僕的にはただの値上げ。
前にキヤノンがこれと同じサービスを始めたと聞いて、他のカメラマン仲間と「そりゃ値上げだよね」と話していた。
ニコンは以前と同じままだと思っていたら、寝耳に水。昨年の11月ぐらいから変わったのだそうだ。
サービスセンターなんてしょっちゅう行くわけじゃないから、全然知らなかった~。
ニコンもかぁ

カメラも高いし修理も高い。おまけにセンサークリーニングまで実質値上げ。
金のかかるお仕事だこと…。稼いだ金は全部機材に消えている気がします。

そうそう。保証内のカメラは1080円でセンサークリーニングだけをやってくれるんだって。無料じゃないのね…。  


Posted by 猫のひげ at 17:03Comments(0)お仕事の話し

2017年04月13日

羽村のチューリップ公園へ遠足に

今日は羽村のチューリップ公園(正式名称は知らないけど…)へ遠足。
今年は桜も遅かったし、チューリップは「まだちょっと早そうだなぁ…」と予想していたら、まんまと的中。まだ3分咲きぐらいの様子でちょっと残念でした。
逆に桜はまだまだ見頃でいい雰囲気。花見全開です。
こりゃチューリップじゃなくて桜を見に来たほうが良かったじゃん。

これからチューリップを見に行こうという方、20日ぐらいが満開の予想らしいですよ~!


早咲きの種類はもう咲いてます。  


Posted by 猫のひげ at 20:44Comments(0)お仕事の話し

2017年04月08日

子どもの泣き声に春を感じる…

春休みも終わって、入園式・入学式も一段落。
我々カメラマンも、あと少ししたらスーツをクリーニングに出すことができます。

そんな新年度、この前ちょっと保育園にお邪魔した時に園舎のあちらこちらから子どもたちの泣き声が聞こえていた。
それもそのはず。
進級の子たちはいいだろうけど、新入園の子はお母さんと離れて新しい環境に慣れるまで、期待より不安のほうが大きいのは当然。
特に小さな子ほど、何がなんだか分からないまま保育園に置いていかれるような気分になるんでしょう。
4月は泣き声があちこちで聞こえるのも仕方ない。
逆に、保育園で泣き声が聞こえていると「あぁ、春だ。新しい季節になったんだな」と感じます。

そんな泣いていた子たちが、少しするとニコニコしながら登園してくるようになる。それがまたいいんだ。

お母さん、お父さんの中には保育園にお子さんを預けるのが心配な方も多いでしょうが、最初は泣いていてもまず大丈夫。
すぐお友達もできるし、たのしく遊べるようになりますよ。



立川付近は桜もいい感じ。春ですね。  


Posted by 猫のひげ at 20:23Comments(0)お仕事の話し日々の出来事

2017年02月24日

cp+に行ってきました

今日から始まった「カメラと写真のワールドプレミアムショー CP+」


http://www.cpplus.jp/

ちょうど仕事のない日だったこともあって、初日に行ってみました!
会場はパシフィコ横浜。
いやぁ、平日だと言うのにけっこう盛り上がっていましたよ。

まずはニコン。cp+だというのに新商品の発表もなくてちょっと寂しげだったけど、100周年のコーナーがまあまあ楽しめたかな。
でもちょっと先行きが心配になるような元気のないニコンブースでした。
頑張ってくれよ~。



ニコンの向かい、銀一のブースではシンクタンクフォトユーザーのフォトグラファーである尾川清さんと奥井隆史さんがカメラバッグの実際の使い方をお話しされていて、とても参考になった。
シンクタンクフォトはここ数年ですごいユーザーが増えてる気がするよね。僕も3つ持ってる。

なんだかんだ、5時間ぐらいいたかな。
人が多すぎてちょっと疲労したけど、いろいろ見て回って面白かった。
たまにはいいね、こういうイベントも。

  


Posted by 猫のひげ at 00:07Comments(0)お仕事の話し日々の出来事

2017年02月04日

鬼退治、しましたか?

3日は節分。
各園それぞれ、豆まきしたことでしょう。
怖い鬼さんが出てきたところも、そうでないところもあったかもしれない。

子どもたち、みんな心の中の鬼を退治できたかな?
今日は「いじわるおに」「なきむしおに」「わがままおに」はいなかっただろうか?

今年一年、鬼のいない年になると良いですね~。


  


Posted by 猫のひげ at 21:38Comments(0)お仕事の話し

2017年01月21日

ピアノの撮影に来ています

今日、明日と泊りがけで、ピアノ演奏の撮影に来ています。
ピアノの撮影は朝から夜まで長丁場になることが多いから、気合が必要…!

しかも、僕が使っているニコンのカメラは音がデカイから気も使う。特にちゃんとしたホールだとシャッターの音もよく響くんだ…。
今のところ、ステージ用のメインカメラはD750にしてる。ニコンのラインナップの中じゃ静かな方だ。たいして音量は変わらないけど一応Qモードにして、さらにその上からカバーをかけて撮影してる。
そして、シャッターは演奏者が打鍵したタイミングを狙って! 無音の時にシャッターを切ったりしたら一瞬ギクリとするぐらいシャッター音が響き渡る。けっこう神経つかうんだ…。
曲によってはめちゃくちゃシャッター切りにくい場合もあって、タイミングを図っているうちに演奏が終わってしまったり…する場合もゼロじゃない。
他にも、けっこうピアノの撮影って気をつけるポイントがあって、ホント気を抜けない…。なかなかしんどいです。
明日も頑張らなきゃ。

それにしてもなんでニコンはシャッター音が静かなカメラを作らないんだろ。せめてQモードにしたらもう少し静かになってもらわないとホント困るよ。
D5とか、何のためにQモードが付いているのか分からないぐらいうるさい。ありえないよね。

ニコンでピアノを撮影している人はどういう工夫をしているのかな?
教えてほしいです。




演奏者は、響きのいいホールでいいピアノ。
気持ちいいだろうな。
シャッターの音がうるさくてホントごめんなさい…。  


Posted by 猫のひげ at 22:13Comments(0)お仕事の話し

2017年01月16日

冬の空が気持ちいい

毎日寒いですねぇ~。
厳しい季節です…。
でも、この澄んだ空気で空も気持ちよく晴れてる時は、たまらなくいい感じ。



外で遊ぶ子どもたちは冬でもなんでも元気いっぱい。
おれも負けねーぞ! っていつまで言えるのか…。
厳しい冬でも毎日元気に楽しく過ごしたいもんです。  


Posted by 猫のひげ at 21:09Comments(0)お仕事の話し

2016年10月17日

やっと秋らしい運動会でした

写真屋さん的には9月の最終土日ぐらいから本格的な運動会シーズンに突入するわけだけど、最初の週は土曜が昼から雨。日曜はいい天気だったけど、翌週の10月第1週は土曜日が雨予報で、前日中止が続出。でも、結果だけみると土曜日に雨は降らず運動会やれたじゃん!!?で、日曜日はまためちゃくちゃいい天気。今度は暑すぎる。
「なんなんだよ変な天気だな」と迎えたピークの10月8日は大雨。オイオイ…そう来るか…。
翌9日も朝から冷たい雨。ふざけんな。で、ようやく10日はいい天気。

…とにかく今シーズンは天気が不安定で、天気予報に振り回された感じがする。

今週、土日ともに久しぶりの晴天。しかもカラッとしていて気持ちのいい運動会日和だった。
いよいよ折り返した運動会だけど、今度の週末はどうなるか!? もう台風って感じじゃないし、またいい天気で行えるといいな。
やっぱり運動会は秋晴れの屋外に限るよ。
雨で体育館とか、ちょっとさみしい。

  


Posted by 猫のひげ at 00:33Comments(0)お仕事の話し

2016年10月03日

運動会の撮影とブラック企業!?

今年も運動会シーズンが始まり、慌ただしい日々が続いているけど、どうも天気が安定しない…。
9月の24日の土曜日は昼からザーザー降り。午前中で終わる運動会はなんとかなったけど、午後まである現場は完全に途中で降られた。
トップシーズンの先週末。10月1日の土曜日が雨予報で延期になった現場も多く、でも結果を見ると土曜日全然雨が降らなかったり…。延期になった日曜日はいい天気過ぎて暑いのなんの…。なんだか振り回されてます。
今週末も変な天気予報。
メインの土曜日、雨にならないといいんだけど…。
いくら秋の空とはいえ、ちょっと不安定すぎます。


そうそう、つい先日、ビデオ撮影会社の社長さんと話してたときブラック企業の話しになった。
そのビデオ会社は、受けている仕事の内容から夏が忙しい。7月後半から9月の頭ぐらいまで、ずーっとバタバタしているということ。で、なかなか休みを取ることができないんだって。
そしたら、社長さんの奥さんが冗談で「そ~言うのをブラック企業って言うのよ。休みを取れる環境を整えなきゃ」と言ったそうな。

…。
どうでしょう???
まあ冗談で言った会話の中の話しだけど、ちょっと考えてしまいました。
その会社は夏だけど、僕らカメラマンは今のシーズンは忙しいのが当たり前。僕らの仲間内では、このシーズンに遊びに行く計画を立てる人は誰もいない。
例えば僕が人を雇っていたとして、その従業員が「10月の土曜日に遊びに行くから休ませてください」なんて言ったら「お前はバカか?」と言うだろう。
それは当たり前の事であって、別にブラックがどうとかじゃないと思う。

僕が以前お世話になっていたこども写真館でも以前、11月の七五三シーズンに休みを取ると言った若い店長がいた。七五三シーズンと言えば、写真館にとっては最も大切な時期。社員は休まないよう体調管理も求められるし、よほどの事情がなければ休みは取れない。それを、その若い店長は「友だちの結婚式なので」という理由で休むという。
当然、モメた。
会社は「認められない」といい、店長は「休みを取るのは労働者の権利なんだから、だめと言うのはおかしい。ありえない」と言って平行線。
店長の言い分は法律とかからすれば至極もっともかも知れないが、僕からすればズレている。当然、その店の他のスタッフも「店長大丈夫?」となっていた。
よく「今の若い人はロクに仕事もできないのに権利を振りかざす」という話を聞いていたけど、この時それを実感したのだ。
みんながみんなそうだというわけでもないんだろうが、そういう仕事として当然の感覚を持てない人も多いんだろう。

この国の偉い人は「一億総活躍」がどうとか言っているけど、いっその事「一億総フリーランス」制度にしてみたらどう?
そしたら、みんな責任持って仕事に臨むんじゃないかな。大事な時にいない人に仕事は回せないでしょ。
結局、会社に甘えているから権利を振りかざすわけで、自分で責任を持てば自然とそんなことは言わなくなると思うんだけどね。

僕は別にブラック企業の肩を持つわけじゃないし、本当にメチャクチャな「ブラック企業」もあるんだろう。
でも、最近やたらと耳にする「ブラック、ブラック」というのは、僕らみたいに「いつ休んでもいいけど、忙しい時期は無理だよ」というのが通用しないワガママ社員さんたちが作り出した間違いなんじゃないかと、このクソ忙しくて休めないシーズンにちょっと考えてしまったつい最近の出来事でした。



そうそう、こども写真館の店長は、結局そのあとすぐに辞めてしまった。そりゃそうなるだろうね。  


Posted by 猫のひげ at 20:50Comments(0)お仕事の話し日々の出来事

2016年07月28日

やっと関東の梅雨明けか…

長かった梅雨がやっと開けた模様。これから暑い季節がやってくるなぁ。
だらだらと長くてその割に雨が少なかったような気がする今年の梅雨。水不足はどうなったんだろ?

それにしても、保育園では7月ずーっとプールに入らなかったから、これでようやく晴れた空の下でプールの撮影ができるかな。
子どもたちって夏はやっぱ輝いているよね。

個人的には夏は苦手だけど…。  


Posted by 猫のひげ at 11:43Comments(0)お仕事の話し日々の出来事

2016年05月31日

運動会の撮影にフラッシュは使うのか!?

一つ前の記事で運動会の事にふれたついでに、今回は運動会の撮影でフラッシュを使う方が良いのかどうかを考えてみたいと思います。


まず、最初の前提。当日はどピーカンのいい天気だったとしよう。

ピーカンの運動会だったとしたら、基本的にはフラッシュ使いたい。
なぜかというと、光は十分で明るいから大丈夫なように思えるんだけど、実はその光で顔は影になっちゃうから。やっぱ顔を中心に考えると、フラッシュ使って顔の影を弱めてあげたいんだよね。
でも、運動会とひと言で言っても、かけっこのように動きの速い競技からダンスや表現発表のように比較的ゆっくり目な演技などいくつもある。
動きの速い種目はフラッシュは使えない。かけっこを撮影するのにフラッシュを焚いても、一発目は光るけど二発目のチャージを待ってる間に競技が終わっちゃうからだ。
そんな時は顔に合わせて露出を決めて、全体的に少しオーバー目に撮る。
逆に、ダンスなんかは子ども達との距離も近いし、動きも速すぎないから、フラッシュで影を起こしながら撮影するようにするといいよね。


でもこれは、フィールドにいるカメラマンの話。
じゃ、応援の保護者の皆さんだったら?

うん。フラッシュはいりませんね。
撮ってみると分かると思うんだけど、晴れてるときの運動会の撮影って意外と暗く写る。分かる人はすぐに分かると思うけど、コレは白い体操服を着た子ども達にカメラが反応して「この被写体は白い(明るい)。だから暗く写してやらなきゃ」って感じで暗く写しちゃうんだよね。
フラッシュで明るくしてやりたくなるんだけど、どうせフィールドの外からじゃ光は届かない。

だから、そんな時はフラッシュはなし。
露出補正を使って+0.7とか+1.0とか、その時の状況に応じて補正をかけてやるのが正解かな。イイ感じになると思います。

あ、でも、お弁当の時とか、休憩の時にお友達と一緒に撮影するときなんかは、明るくてもフラッシュ使った方がイイ感じになるかも。

ぜひいろいろ試してくださいね♪

  


Posted by 猫のひげ at 21:00Comments(2)お仕事の話し