たまりば

  日記/一般 日記/一般  立川市 立川市

写真のお仕事に関することを中心に、日々感じたことをゆるりゆるりと書き連ねてみようと思います

スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by たまりば運営事務局 at

2018年05月10日

ついにベンリィにナックルガードを装着した!

遊びにしか使わないSRと対極。毎日お仕事スペシャルの我がベンリィ110。
大型のスクリーンを付けて後には巨大なボックス。何が来ても怖くない、という感じではあったのですが、移動中ちょろっと雨に振られた時に手袋が濡れてしまうのがウィークポイントだった。冬だったらハンドルカバー付けちゃうからあんまり関係ないんだけど、暖かくなってきたら外しちゃうのでちょっと困る。

なので、ベンリィを買ってすぐナックルガードの装着を検討した。
だけど、なかなかいいのがない。カタログにはMARUTOのやつが載っていたけど、これはけっこうデカイ。
↓↓

僕的にはもっとコンパクトで、しかも軽い雨に降られてもあまり濡れないというギリギリのサイズを求めたい。

いいのが見つからないまま数年を過ごしていたら、ふと気がついた。
「モデルチェンジしたベンリィプロについてるナックルガードがいいんじゃねえ…??」

そう。僕がベンリィを購入した翌年、ベンリィはマイナーチェンジしたのだ。僕が後から付けたUSBのソケットが標準で付いていたり、なんだか悔しい思いをした。
そして、ベンリィプロにはもともと付いているリアキャリア・前カゴの他に、ナックルガードが標準装備になった。
写真では、このナックルガードが絶妙なサイズに見える…が、実際に見ないとなんとも言えない…。

するとある時、とあるお店の駐輪場に止まっていたベンリィに、まさにそのナックルガードが装着されていたのを見たのだ!
「おぉ!! コレだ!!!」と僕は大興奮。
でもあまりジロジロと見ていると「俺のバイクに何の用じゃい!??」と怒られてしまうかもしれないので、やや遠目でちら見。
ホントはメジャーを用意してサイズを測りたいぐらいだったけど、もちろんそんな事はできず。
「うむ。なんだかとても良さそうだ」というところで終わった。

このナックルガードはホンダの純正部品という事になるわけで、上記のMARUTO製よりかだいぶ高い。
でもだんだんと暖かくなって雨が増えてくるにつれ「やっぱガードほしいわ…」という気持ちが強くなり、結局ホンダの部品を取り寄せてもらった(ちなみに僕の行きつけのバイク屋さんはKawasakiディーラー。ホントごめんなさい。)


そして、本日めでたく装着が完了したというわけ。
いやぁ。長い道のりでしたが、なかなか良い感じになりましたよ。



表面が梨地みたいにサラサラしていてすぐに汚れそうなのがちょっと微妙だけど、サイズ感はとてもいい。試しにハンドルカバーを共存させてみたけどバッチリOK。

これで雨の時期も乗り切れそうだぜ!!

  


Posted by 猫のひげ at 19:53Comments(0)オートバイ

2018年05月04日

日帰り1都4県ツーリング

連休真っ只中の今日。
ヨメムスメは友人家族と一緒にお出かけ。そしていい天気。うーん、やっぱりSRの出番だ。

ということで、今日は先日よりもちょっと長めに走ってきましたよ。
この前は行き先未定で結局道の駅上野まで行ってきたわけだけど、今日はもう冬期通行規制は解けただろってことで、その先のクリスタルラインまで足を伸ばしてきました。
自宅から青梅を抜けて秩父へ。そこから小鹿野経由で神流町~上野村~ぶどう峠~川上村。そして川上村から県道610号を走って増富ラジウムラインを抜けるとクリスタルラインの途中に出る。頭から終わりまで68.1kmを走ってもいいんだけど、この増富ラジウムラインというのが景観もよくて気持ちいいので、こっちから行く。
クリスタルラインは狭いし舗装も良くないところが多くて走りやすくはない。しかも分岐が多くて途中で間違えると大変。一体何がクリスタルなのか、全くもって不明ですわ…。
地図とにらめっこしながらクリスタルラインを抜けると塩山の近くに出るので、あとは国道411号で丹波山まで登り返して奥多摩経由で自宅まで。

今日は連休中だから混雑も覚悟してたけど、秩父の芝桜と帰りの奥多摩以外はガラガラだった。気持ちよく走れたな。

東京~埼玉~群馬~長野~山梨~東京、とぐるぐる回った360kmぐらいのツーリングでしたとさ。
SRにはちょっと長すぎた。疲れたわ…。


↑↑
途中で見えた八ヶ岳。
まだ雪かぶっててキレイだった。
  


Posted by 猫のひげ at 22:47Comments(0)オートバイ