たまりば

  日記/一般 日記/一般  立川市 立川市

写真のお仕事に関することを中心に、日々感じたことをゆるりゆるりと書き連ねてみようと思います

スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by たまりば運営事務局 at

2016年10月20日

機材がすぐに調子悪くなるよ…

さてさて、運動会シーズンも折り返しを迎えて、あと数本を残すのみとなりましたが、いつものことながらどーにも機材の調子がすぐに悪くなる。
今度は24-120だ。VRをオンにしていると画像がブルブルッと震えてしまうトラブルはしょっちゅうあるけど、今回はVRをオフにしているにもかかわらず、AFを利かすと画像が震える現象が起きてしまった。
今はあんまり修理に出したい時期じゃないけど、これじゃ仕方ない。急に画像が震えてしまうんじゃ普通に使う事もできないから修理行きです…。

VRの故障は何回も経験しているけど、こんなに壊れやすいものなのか?
僕が特別に扱いが悪いのだろうか??確かにバイクで機材を運んだりローラータイプのバックで運んだりするけど、そんな程度でしょっちゅう壊れるんじゃ困ってしまう。もう少しなんとかならないもんだろうかね。
ちょっと前にも28-300をVR不調で修理に出したし、その前は70-200がやっぱりVR不調。
所有レンズのほとんど全部がVR修理経験者じゃねーかよ。

とりあえず、忙しいシーズンが終わるまでこれ以上不調の機材が増えないことを願うばかりです…。


ニコンをお使いの皆さん、VR大丈夫?
  


Posted by 猫のひげ at 21:05Comments(0)機材

2016年10月17日

やっと秋らしい運動会でした

写真屋さん的には9月の最終土日ぐらいから本格的な運動会シーズンに突入するわけだけど、最初の週は土曜が昼から雨。日曜はいい天気だったけど、翌週の10月第1週は土曜日が雨予報で、前日中止が続出。でも、結果だけみると土曜日に雨は降らず運動会やれたじゃん!!?で、日曜日はまためちゃくちゃいい天気。今度は暑すぎる。
「なんなんだよ変な天気だな」と迎えたピークの10月8日は大雨。オイオイ…そう来るか…。
翌9日も朝から冷たい雨。ふざけんな。で、ようやく10日はいい天気。

…とにかく今シーズンは天気が不安定で、天気予報に振り回された感じがする。

今週、土日ともに久しぶりの晴天。しかもカラッとしていて気持ちのいい運動会日和だった。
いよいよ折り返した運動会だけど、今度の週末はどうなるか!? もう台風って感じじゃないし、またいい天気で行えるといいな。
やっぱり運動会は秋晴れの屋外に限るよ。
雨で体育館とか、ちょっとさみしい。

  


Posted by 猫のひげ at 00:33Comments(0)お仕事の話し

2016年10月06日

シャッター回数70万回突破

仕事で愛用しているカメラ、NikonD3Sが本日めでたくシャッター回数70万回を突破した。
使い始めて今5年目かな? よく頑張ってます。
夏に肩部から落っことして肩のボタンがイカれたんだけど、さすがはニコン、他の部分は問題なく動いてます。
肩部のボタンは大して使わない昨日しか入っていないから、直すかどうか考え中。どうせ直すなら他もダメになってからでいいかな、とも思ってるけど、50万回ぐらい切った時に一度オーバーホールしたからシャッターはまだまだ大丈夫みたい。

実はD3Sは一部の部品がもう底をついているらしく、ニコンの「修理部品保有製品一覧」から姿を消してるんだよね。
でもD3Xはある。
ボディは共通だから、予想するとセンサー部分がもうないということなんじゃないかな? 1200万画素のフルサイズセンサーは今はもう使っていないはずだし。
ニコンは修理部品がなくなるとオーバーホールを受け付けなくなる可能性があるけど、どうかなぁ…。

夏に落とした後は買い替えも考えたんだけど、使い込んで露出のクセとか連射した時の感覚とか、カメラの動きが自分の感覚とマッチしている状況なのでなかなか買い替えできない。
動かなくなるまで使おうかな。
あと2年ぐらい頑張ってもらって、D5Sが出るあたりで今のD5でも買うか!
  


Posted by 猫のひげ at 16:18Comments(0)機材

2016年10月04日

パソコンが新しくなったらものすごく快適だ!

我が家のパソコンが、1ヶ月ぐらい前に新しくなった。

僕は初めてパソコンというものに触った20年ぐらい前から、ずっとMacを愛用していた。
Windowsも触ったことはあるけど、あくまでも他の人とデータのやりとりをする時のためだったから、Windowsのことはあまり良く分からない。
でも今回、ついに我が家のパソコンはWindowsマシンになった。これにはいろいろな事情があるけれど、最終的に決め手になったのはMacはアップデートが早く、数年使うともう置いていかれるということだ。
僕が前に使っていたマシンは2009年式のiMac。2009年式と言っても、購入したのはたぶん2010年になっていたと思う。OSは10.5。
使い始めて6年目。家電で考えたらまだまだ使えそうなものだが、パソコンというのは2年ぐらいで買い換えろと言わんばかりだ。
買い換えるまで、様々な問題に直面した。
まず、ウェブブラウザがOSに対応しなくなった。フラッシュとかJAVAとか、いろいろなものが最新にできないという問題も。
あと、RAW現像をするためのソフトもだめ。カメラを新しくして、付属のソフトをインストールしようと思ったらOS非対応だった時はがっかりした。
プリンターが壊れて新しくしようと思ったときも、OSは10.6~というのがほとんどで、10.5がOKのものはほぼなかった。
そんなMacも、OSを10.6に上げて延命していたけど、もういい加減だめだと思って運動会シーズンに入る前にパソコンを買い換えることにしたのだ。
ちなみに、現在のMacOSは10.12[macOS Sierra]とかいうらしい。これは出たばっかだけど、その前のEl Capitanでも10.11。ほぼ毎年OSがアップグレードされている計算になる。
パソコンを買うにあたって、今回もMacを選ぶつもりでいた。iMacにしようか、MacMiniにしようか、なんて考えていたんだけど、どうせまた数年で買い換えろコールが出ることを思うとげっそり。
そこで、開き直ってWindowsマシンに挑戦することになったわけ。

購入したのはドスパラのBTOパソコンで「raytrek LC-M
一応「RAW現像・レタッチ用」と謳っているタイプのマシンで、電源とかファンとか少しカスタムを施して、モニターも合わせると、20万ぐらいだった。
届いてしばらくはOSの違いから戸惑っていたけれど、1ヶ月たった今はだいぶ慣れてきてもう大丈夫。
初めてSSDが載っているタイプのパソコンを使ったんだけど、これはいいね。ものすごく速い。起動もあっという間だし、が3.0になったことも影響してか、写真の転送とか読み込みも速い。
かなり時間が節約できそうだ。忙しくなる前に導入して良かった。

今まで僕は、Windowsは使いにくいと思っていたけど、触ってみるとそうでもない。でも、Macの方が設定なんかが直感的なのは確かだと思った。一番の違いは、表示だね。フォントと言うべきか。何よりもそこに不満を感じた。
Macの表示は美しい。ウェブサイトを閲覧しているときも、デスクトップに表示されている文字も、とても読みやすくていい。それが普通だと思っていたから、Windowsの文字の読みづらさには閉口した。
いろいろなサイトを見ると、Windowsの文字をきれいに表示するためのやり方が書いてあるサイトを発見し、早速実行したところ、ほとんどイライラしなくてすむようになった。
昔から、Windowsというのは作業用で実用重視、Macは少なからず芸術性を持たせていると言われていたけど、こういうフォントとかアイコンとか、ちょっとした事に言われている部分が出ているんだなぁ、と感じました。

どちらも一長一短。
今回はWindowsで、とりあえず満足。確かに実用的だ。
長く使いたいと思ってるよ。

  


Posted by 猫のひげ at 15:32Comments(0)機材

2016年10月03日

運動会の撮影とブラック企業!?

今年も運動会シーズンが始まり、慌ただしい日々が続いているけど、どうも天気が安定しない…。
9月の24日の土曜日は昼からザーザー降り。午前中で終わる運動会はなんとかなったけど、午後まである現場は完全に途中で降られた。
トップシーズンの先週末。10月1日の土曜日が雨予報で延期になった現場も多く、でも結果を見ると土曜日全然雨が降らなかったり…。延期になった日曜日はいい天気過ぎて暑いのなんの…。なんだか振り回されてます。
今週末も変な天気予報。
メインの土曜日、雨にならないといいんだけど…。
いくら秋の空とはいえ、ちょっと不安定すぎます。


そうそう、つい先日、ビデオ撮影会社の社長さんと話してたときブラック企業の話しになった。
そのビデオ会社は、受けている仕事の内容から夏が忙しい。7月後半から9月の頭ぐらいまで、ずーっとバタバタしているということ。で、なかなか休みを取ることができないんだって。
そしたら、社長さんの奥さんが冗談で「そ~言うのをブラック企業って言うのよ。休みを取れる環境を整えなきゃ」と言ったそうな。

…。
どうでしょう???
まあ冗談で言った会話の中の話しだけど、ちょっと考えてしまいました。
その会社は夏だけど、僕らカメラマンは今のシーズンは忙しいのが当たり前。僕らの仲間内では、このシーズンに遊びに行く計画を立てる人は誰もいない。
例えば僕が人を雇っていたとして、その従業員が「10月の土曜日に遊びに行くから休ませてください」なんて言ったら「お前はバカか?」と言うだろう。
それは当たり前の事であって、別にブラックがどうとかじゃないと思う。

僕が以前お世話になっていたこども写真館でも以前、11月の七五三シーズンに休みを取ると言った若い店長がいた。七五三シーズンと言えば、写真館にとっては最も大切な時期。社員は休まないよう体調管理も求められるし、よほどの事情がなければ休みは取れない。それを、その若い店長は「友だちの結婚式なので」という理由で休むという。
当然、モメた。
会社は「認められない」といい、店長は「休みを取るのは労働者の権利なんだから、だめと言うのはおかしい。ありえない」と言って平行線。
店長の言い分は法律とかからすれば至極もっともかも知れないが、僕からすればズレている。当然、その店の他のスタッフも「店長大丈夫?」となっていた。
よく「今の若い人はロクに仕事もできないのに権利を振りかざす」という話を聞いていたけど、この時それを実感したのだ。
みんながみんなそうだというわけでもないんだろうが、そういう仕事として当然の感覚を持てない人も多いんだろう。

この国の偉い人は「一億総活躍」がどうとか言っているけど、いっその事「一億総フリーランス」制度にしてみたらどう?
そしたら、みんな責任持って仕事に臨むんじゃないかな。大事な時にいない人に仕事は回せないでしょ。
結局、会社に甘えているから権利を振りかざすわけで、自分で責任を持てば自然とそんなことは言わなくなると思うんだけどね。

僕は別にブラック企業の肩を持つわけじゃないし、本当にメチャクチャな「ブラック企業」もあるんだろう。
でも、最近やたらと耳にする「ブラック、ブラック」というのは、僕らみたいに「いつ休んでもいいけど、忙しい時期は無理だよ」というのが通用しないワガママ社員さんたちが作り出した間違いなんじゃないかと、このクソ忙しくて休めないシーズンにちょっと考えてしまったつい最近の出来事でした。



そうそう、こども写真館の店長は、結局そのあとすぐに辞めてしまった。そりゃそうなるだろうね。  


Posted by 猫のひげ at 20:50Comments(0)お仕事の話し日々の出来事