たまりば

  日記/一般 日記/一般  立川市 立川市

写真のお仕事に関することを中心に、日々感じたことをゆるりゆるりと書き連ねてみようと思います

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by たまりば運営事務局 at

2013年06月24日

多摩湖を一周してみた

昨日に引き続き、今日も少しだけ自転車を引っ張り出した。
連日乗れてちょっと嬉しい。

仕事が昼過ぎで終わったので、ポックル号で多摩湖自転車道へ。
この自転車道は、五日市街道と井の頭通りが交差する武蔵野市関前五丁目交差点がスタート地点で、そこからず〜っと直線で多摩湖まで続いてて、それから多摩湖を周回するコース。全長で21kmぐらいで、多摩湖周回は12kmぐらいかな? たぶんそんな距離。
僕は周回の方は何度か走ってるけど、関町からの直線はまだ走ったことがない。

今日も周回コースの方だけ。我が家からこの周回コースまでは案外近いんです。
「ちょっと行こう」って言うのにちょうどいい。
そしてこの自転車ロードは、幅は狭いんだけどちゃんと整備されてるし、真ん中にラインが引いてあって矢印で走行ラインも引いてある。けっこう走りやすいのです。
ただ、アップダウンがけっこうあって僕みたいな貧脚ド素人にはけっこうしんどいんだけど…。
それでも今日は、約30分かけて周回コースを一周した。休憩はなし。
30分っていうのが速いのか遅いのか全然分からないんだけど、僕的にはかなり頑張った感じ。ただ、途中で「あーしんど…」「うーもうダメ…」ってな事になってた。
同じ30分でも、鼻歌で楽ちんに周回できるぐらいまでパワーアップしたいなぁ。しょっちゅう走ってたらパワーアップするかしらん??

土日はロードバイクに乗った人がたくさんいる多摩湖周回だけど、今日は平日の真っ昼間って事もあってそれほど走っている人は多くなかった。
それでもジョギングしている人とか犬の散歩に来てる人、もちろん自転車で走っている人、鳥の写真を撮りに来ている人、けっこういろんな人がいるから、びゅんびゅんスピードを出して走っていいような感じじゃない。

のろまの言い訳、安全第一…。  


Posted by 猫のひげ at 17:17Comments(0)自転車

2013年06月24日

マシンガンストロボ その後

さて、先日ちょっと記事にしたニッシンのマシンガンストロボ。
あれからまた少し使ってみたので、感想などをひとつ。

まず、一番の特徴であるチャージスピードとオーバーヒート問題については、言うことなし。
素晴らしいのひと言です。外部電源のおかげもあってチャージも問題ないし(外部電源を使わなければチャージスピードは速くなりません)、オーバーヒートも全然心配ない。

そして、純正のSB-800と比較して良いところは他にもある。
まずはロックボタンを押さなくてもストロボヘッドが回転することだ。SB-800はヘッドの向きを変えるのにロックボタンを押すんだけど、使っているうちにだんだんと固くなってきて使いにくくなっちゃうんだよね。マシンガンはロックがないから、不用意に回っちゃう可能性もあるけど、その分簡単に動かせる。僕はそっちの方が好きだ。
他に、電源を切らずに発光を一時的にストップする機能がついているんだけど、コレも便利だった。
調光補正の数値がボタン一回で動くのも良い。純正は一回目で選択、二回目で補正だけど、マシンガンは一発目で数値が変わる。ちょとしたことだけど、嬉しい。

逆に、ストロボのズームは純正に比べてかなり面倒だ。
普段はオートズームだからあんまり問題ないけど、マニュアルで調整したいときに「ボタンを長押し→設定→数値を動かす」という手順を踏まなくちゃいけなくて、とても時間がかかる。これはいただけない。
それと、フルオートモードはいらないんじゃないかな。
このストロボを選ぶ人がフルオートモードを使うとも思えないけど…。
「TTL」「マニュアル」「外部オート」の3選択の方が使いやすい。

あとマイナスポイントはサイズかな。
サイズはSB-800とは比べものにならないぐらい大きいから、カメラバックのレイアウトも変えなくちゃいけない。重量も増加したし、その辺は分かっていたとはいえ、けっこう苦痛
チャージャーもでかいから、トータルで見るとかなりの重量増だね。
とは言え、純正SB-910はマシンガンと同じぐらいのサイズだから決してこいつだけ極端にでかいわけでもないんだけど…。

液晶は室内では全く問題ない。解像度が低いとか見づらいよく聞くけど、そもそもストロボの設定が分かればいいんだし、個人的にはそんなに気にはならない。ただ、噂どおり屋外だと見づらいかな。けどまあ、大きな問題はなかった。

困ったことにTTLの精度は若干不安定なのかな、という気がした。特に被写体との距離が近い時、強く発光しちゃって真っ白けになってしまう傾向があるみたい。
室内だと窓からの光とか室内の明るさとか、環境によるものもあるかもしれない。もしかしたらカメラとの相性とか設定の問題もあるかもしれないし。この辺はもう少し使い込めばクセを掴めるかな。せっかく光っても強すぎちゃったらもったいない。
屋外使用の時はそんなに不安定さは感じなかったけど、たまに予想よりも強く光っている場面があった。
純正と比較すると、ややじゃじゃ馬的な面があるのかもしれないね。


総合的に見て、悪くはないストロボ。使用目的によっては唯一無二の存在になる。
でも、純正と同じだけの値段を出してこのストロボを選ぶにはそれなりの理由も必要かな。
僕の場合、もう少し使い込む必要は感じているけど、後悔はしていない。それだけの価値があると思っている。
でも、次にSB-800を買い換えるとき、もう一台マシンガンにするか純正SB-910にするかって言ったら即答はできないな。

迷っている人、使い方をよく考えてみてください。
自分の希望する使い方にマシンガンがマッチするならベストバイです。
とりあえずなら純正が間違いない感じかなぁ。  


Posted by 猫のひげ at 16:30Comments(0)機材